胡桃とバニラとPekoの日々

ジャックラッセルテリアの胡桃とバニラ、飼い主のPekoの日常を綴ります。

Entries

なんちゃってバーダー

間近で見るユリカモメに興奮して、吠えるバニラ

昨年12月に初めてバードウォッチングを経験してから、野鳥が気になってます。

犬の散歩をしながらの観察なので、裸眼での観察だし、スマホのカメラ起動してる間に野鳥はどこかに行ってしまうし。でもカラスとドバトとスズメ以外の鳥が意外とたくさんいることに気付いてからますます面白くなってきました。

犬たちが喜ぶので川沿いを散歩することが多く、カモやサギといった水鳥はよく遭遇するしゆっくり観察できるのですが、そうでない鳥は特徴をどこまで観察して家まで覚えていられるかの勝負(笑)。先のバードウォッチングでもらった資料で確認できた野鳥はハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキなど。

季節が変わったら、見れる鳥の種類も変わるはず。先のバードウォッチングで資料を作ってくれた方とは定期的にお会いできるけど、なるべく自力で調べて、その後に話を聞いてみようかな。

でも鳥の名前わからなくても、バードウォッチングは楽しめますよ!

働くってムズカシイ

先日無事に退職できたPekoですが、

これからの働き方について色々考えています。

理想は『時短勤務』。

スキルも夢もない、家族もいない、

地元には縁もない私としては、

どこかの組織に所属するメリットは

大きいと思ってます。

しかし。

精神的にも体力的にも自信ない、

私生活、特に犬との生活を大切にしたい、

こんなささやかな願いを叶えようとすると、

『社会保険に入れるレベルの最短時間勤務』

というムシのいい話になってしまいます。

この子たちを扶養するにも、

とりあえず仕事探しは頑張らねば

退職しました



寒くても、雨が降っても、いつも二頭とも元気です。

1月いっぱいを持ちまして、昨年9月に就職した会社を退職しました。
試用期間を終わらせることなくの退職となりました。

職場に「合う、合わない」があるのかわかりません。
大体、最初から合うところなんてあるわけないと思ってるし、私もそのつもりで
努力してきたんですけどね。


最初の約束だった3カ月の試用期間を終わらせても、
「頑張りが足りない」
「気が利かない」
「ミスが多い」
などの評価により、1カ月の試用期間の延長をされました。
その頃にはすでに「向いてない」という自覚はあったけれども、その後に
一緒に働いていた人から「この会社に向いてないと思いますよ」と言われて
頑張ろうという気持ちの糸が切れました。

それを言われた週末にじっくり考えました。
また試用期間が終わるギリギリの頃に
「試用期間の延長」とか「向かないから辞めてくれ」とか
そんなこと言われたらこっちがたまったもんじゃない。
(実際、そういうのを平気でやる会社でしたもん。)

週明けに「1月いっぱいで辞めます」と言って、納得いただきました。

そういうこと言った途端に、一緒に働いてた人たちが
親切になるという(笑)。

入社した時から思っていたのですが、
大事なことなのに「決まり」というのがなくて、働きにくかったんです。
そういうことに直面するたびに、今まではどうしていたのかを
いちいち確認したのが、一緒に働く人たちにとってはうっとおしかったようです。
フレームワークができていなかったんですな。

しかも、社長のその時の考え方でコロコロと方式が変わるという。
小さい会社ならありがちなことかもしれませんが、
そういったことが、自分にとってはどうにも耐えられなかった、
これが大きいのかなと思います。

突然「明日食事会するから来てね」みたいなことは日常茶飯事。
私の退社時間を知ってるくせに、退社時間直前になって
仕事をどさっと持ってきて「今日中にやっといてね」とか。
会社への忠誠というか愛着を試しているという言い分みたいですが、
この価値観は私にとってはどうにも受け入れられないものでした。


辞められてよかったと思うところではありますが、
今後の生活どうしよう。。。

オールスタンディング


去る1月27日、Zepp難波へ人生最初で最後になるかも?のオールスタンディング席のライブに行きました。
チケットがあるというチャンス(ホンマにプラチナチケットですよこれ)と、体力的にも今のうちに行かねばという思いとで、おっかなビックリの参戦でした。

序盤で人波に流されそうになりながらも何とか持ちこたえ、目があった!汗が見えた!という距離感でのライブ。たくさん手拍子して、たくさん一緒に歌って、サイコーでした😍💓💓
ライブが終わり、一緒に行った友達との一言目は『オールスタンディング、まだ行けるな』(笑)
はい、また機会があれば行きたいです!

稲葉浩志さん、サイコーでゴキゲンなライブをありがとう🎵
次回はいつお会いできるかしら。

謎の穴


マンション出て数メートル先にあるこの穴。
どーしてもこの中が気になるらしい。
まっしぐらに穴へ向かい、鼻を突っ込んでフガフガしている愛犬たち。

何かいるんやろか?
猫やヌートリアではなさそうとなると……
ネズミ?それとも……(; ̄Д ̄)?

ご案内

プロフィール

Author:Peko
【Peko】人間、♀、40代後半、バツイチ、手に職なし、特技なし。
人生に悩み、いろいろな場所で働き・学び・遊び・自己啓発に頭を突っ込んで暮らしています。

【胡桃】ジャックラッセルテリア、♀、2008年9月11日生まれ。
離婚前のPeko家へやって来て以来、Pekoの心の支えになる。
Pekoのことを「おねえ」と慕い、一生の忠誠を誓うも、性格はジャイアン。
趣味は食べること、甘えること。気に入ったオモチャは決して手放さない。

【バニラ】ジャックラッセルテリア、♀、2010年4月8日生まれ。
離婚前のPeko家にホームステイから、ちゃっかり「うちの子」になる。
意外と苦労しているせいか、暴れん坊のくせに従順なところあり。
趣味は猫追い、散歩。何かが破壊されていたら、大概はこのコの仕業。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

★ご訪問ありがとうございます★

右サイドメニュー

QRコード

QR