胡桃とバニラとPekoの日々

ジャックラッセルテリアの胡桃とバニラ、飼い主のPekoの日常を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコール依存症と診断されるまで②


前回の記事では『彼は会社へ行けない』とだけ書きましたが、今回は会社へ行かずにどんな生活をしていたか、です。

もちろん飲んでいたんです。彼の場合はほぼビールでした。
理由はなさそうで、ちゃんとあったんです。

実は彼が働いていた会社がビール会社でした。
ビール会社の社員がアルコール依存症になるとはもちろん限りませんが、ビールが身近にある環境だったんです。
私自身もビール好きですので、わりと買い置きしてたし、買い置きがなくてもすぐコンビニで買えてしまう世の中ですもん。
テレビ見ながらゴロゴロ・ダラダラとビールを飲む。
飲んでいない時は、眠っているか本(ブックオフで買った安い本、同じものを繰り返して)を読んでいる。
そんな感じでした。


出社拒否⇔かろうじて出社、を2回ほど繰り返し、復帰後に良い上司に恵まれて彼は昇進。
そして転勤で大阪へ越してきて、心機一転がんばると思いきや、やはりこういったことは繰り返すのです。
またも出社拒否になりました。

大阪では私自身、ある意味閉鎖的だった地域から都会へ引っ越してきたので、働きたいなと思っていました。
夫が転勤族というバックグラウンドは変わらずだし、愛媛県某市での離職ブランク期間が気付けば結構長かったし、
夫関連の電話等の応対から、場合によっては夫を引きずって病院へ連れだしたりしなければならないと思っていたので、
フルタイム勤務はハードルが高いかなと考えていたのです。
結果、パートタイム的な仕事や派遣での仕事をしていました。
でも、家にずっと夫がいるという実態があるので、あまり家庭のことを外で話せなかったんです。
働けていない夫の状態が恥ずかしかったし、よく知りもしない人に勝手にいろいろ言われるのも嫌だったし。
だからもしかしたら、当時の同僚等には「付き合いにくい人」って思われていたかもなぁとは思います。


さて、夫の転勤先の大阪の事業所の産業医は某大学病院の内科の先生でした。
なので、同じ大学病院内の心療内科への紹介状を書いていただき、彼はそこへ通うことになりました。
会社を病欠するのに診断書をもらわなければならなくて、もらったら「休む本人」が会社へ持参しなかればならないという決まりに(一応)なっていたようですが、

自分が行きたくない
→私に押し付けるが、自分で出さないとやはりダメと説得される
→行くのがどうしても嫌だった彼は郵送で対応
などと、子供じみたことをしていたので、会社が嫌でたまらないのはよく理解できたのですが。
同時に社会人としてどうなのか疑問を持ち続けていました。

病院の受信についても、彼一人が診察に行くと、「どうだった?」と聞いても「別に……」という感じ。
薬と診断書のみもらって帰ってくるだけで、本人にも医師のほうにも改善しようという気持ちが見られず、
私のほうもだいぶ精神的に参ってしまい、自分までうつ病で仕事をしくじるということも増えてきました。

これでもまだ、アルコール依存症と診断されてはいません。
引っ張るつもりはありませんが、次回へ続けます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

Peko

Author:Peko
【Peko】人間、♀、40代後半、バツイチ、手に職なし、特技なし。
人生に悩み、いろいろな場所で働き・学び・遊び・自己啓発に頭を突っ込んで暮らしています。

【胡桃】ジャックラッセルテリア、♀、2008年9月11日生まれ。
離婚前のPeko家へやって来て以来、Pekoの心の支えになる。
Pekoのことを「おねえ」と慕い、一生の忠誠を誓うも、性格はジャイアン。
趣味は食べること、甘えること。気に入ったオモチャは決して手放さない。

【バニラ】ジャックラッセルテリア、♀、2010年4月8日生まれ。
離婚前のPeko家にホームステイから、ちゃっかり「うちの子」になる。
意外と苦労しているせいか、暴れん坊のくせに従順なところあり。
趣味は猫追い、散歩。何かが破壊されていたら、大概はこのコの仕業。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

★ご訪問ありがとうございます★

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。